Print Friendly, PDF & Email

都内最安値を目指して激安プライス!

(他に安いスタジオが有れば教えてください。)
中.高校生から一般まで入り易く成った支援価格です。

 

スタジオのロック予約などご相談下さい。

TEl 03-3314-8887 担当 フクイまで

 

グループ&個人の入会金、更新料も無料!

 

個人練習はなんと!

 1人¥540/h  2人¥864/h

  予約も前日からOK!

  あなたのやる気をロスクラが支援します。

 

*写真をクリックして頂くと説明も有りますよ!

 

Aスタジオ (20畳)

Astも床の張替えで使いやすくなりました。

バンド練習だけじゃなくダンスや芝居の稽古などにも使われています。

色々な使い方で、ご利用下さい。

Ast Ast2

 

Ast壁1面が鏡張りに!

パフォーマンスチェック&ダンスレッスン等多目的に使用可能です。

 

平日(月~金)

 10:00~13:00  ¥1296/h

 13:00~17:00  ¥1620/h

 17:00~23:00  ¥2160-/h

 

土日祭日

 10:00~13:00  ¥1512-/h

 13:00~17:00  ¥2160-/h

 17:00~23:00  ¥2160-/h

 

*Ast アップライトピアノ復活しました!

ピアノの個人練習、ボイトレ、音楽教室など
多目的に使用できるスタジオへ

≪機材≫

Drum set  Pearl GAX
BassAmp  Trace Elliot AH-200
Guitar Amp
 Marshall JCM900/ Marshall JVM250
 Fender Twin
 Roland JC-160 / Roland JC-120
Keybord  KORG X-50

 

 

Bスタジオ (10畳)

 

 

平日(月~金)

 10:00~13:00  ¥1080-/h

 13:00~17:00  ¥1296-/h

 17:00~23:00  ¥1620-/h

土日祭日

 10:00~13:00  ¥1296-/h

 13:00~17:00  ¥1620-/h

 17:00~23:00  ¥1620-/h

 

≪機材≫

Drum set  YAMAHA YD9000
Bass Amp  SWR BASS350
Guitar Amp
Marshall M-3315/Roland JC-120
Keybord  KORG X-50

 

Bstにも鏡が入りました。演奏姿をチェック!

 

Cスタジオ (9.5畳)

 

 

平日(月~金)

 10:00~13:00   ¥972-/h

 13:00~17:00  ¥1080-/h

 17:00~23:00  ¥1404-/h

土日祭日

 10:00~13:00  ¥1080-/h

 13:00~17:00  ¥1296-/h

 17:00~23:00  ¥1404-/h

 

≪機材≫

Drum set  YAMAHA YD9000
Bass Amp  acoustic 370j
Guitar Amp  YAMAHA G-100/Roland JC-120

注・メンテナンスの関係で上記の機材に変更がある場合があります。
 ・ご予約当日から数えて1週間前からキャンセル料金が掛かりますので、
  ご予約の際にはご注意ください。

スタジオ機材(一部)

 

Marshall JVM205            Marshall JCM2000(定番機種)

 

Roland JC-160(懐かしいでしょう)  Trace Elliot AH-200(今だ現役)

Fender TWIN 登場

お問い合わせ、ご予約はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

TEL/FAX

  03(3314)8887(10:00~23:00)

ライブ中、リハーサル中等繋がりにくい場合が有ります。ご了承下さい。

お問い合わせフォーム

TELでのお問合せ先

*注・ライブ中は電話が繋がりにくく成りますのでご了承下さい。
TEL 03-3314-8887 FAX 03-3314-8887

メールでのお問合せ先

メール staff★losangelesclub.jp ★を@に代えてご利用下さい。

フォームメール

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名
ライブ開催についてライブ内容についてライブホール予約イベント企画持ち込みブッキングライブ問い合わせチケット予約イベントについてブッキングについてホールレンタル(貸切)についてリハーサルスタジオについてリハーサルスタジオ予約その他質問や相談

メッセージ本文