ロサンゼルスクラブは ライブハウス & リハーサルスタジオ 東京都杉並区 丸ノ内線 東高円寺駅1分にあります

換気 設備増強工事 と スタジオ 工事 で店内が 綺麗 になりました!

Print Friendly, PDF & Email

換気増強 工事と スタジオ工事 を実施しました

ロサンゼルスクラブ では コロナ対策 による 換気増強 工事を行い、空気の循環が大変よくなりました。

そこで、工事のBefore Afterと、どれだけ 換気 がよくなったかをお伝えします!!

施工は 株式会社インフォレント になります。

当時を知るものはいない

ロサンゼルスクラブが作られたのは1985年。

当時を知るものはもういません。

解体は、全面ではなく、これまで度重なる漏水事故で、朽ちてしまい、

フワフワになっている壁や床を中心に行いました。

解体工事が進み、スタジオ の床や壁がむき出しになっていきます。

「こうなってたんだ」と初めて判明。

開店するときの店舗作りのままで、時代を感じます。

解体工事が終了した時、産廃がトラック3台分出ました

こんなに廃棄物が出ました!!

入口の階段が埋め尽くされるほど…

とても大工事なのがよくわかります。

長い期間お疲れ様でした…

 

解体が終わると空調配管の現況調査が始まる

コンクリートがむき出した状態をスケルトンといいます

死んでいる空調配管、生きている空調配管、があります。

空調強化に利用できる生きている配管を探します。

 

 

防音しながら、分離しながら空調配管を敷設していく

配管は基本的に防音(消音)しながら空調配管を敷設していきます。

ホールのステージ側に向けて吸気と排気をつなげている写真です。

つまり客席側とステージ側は分離して給排気の配管を作っています。

分離することでより安全な空調になります。

 

換気

ダクトの裏側です。

ステージ 上手の壁、 パワーアンプ の隣の部分に新たに換気機能が付きました。

ステージ側の給排気を担当します。

 

 

 

空調能力 換気能力を大幅にパワーアップする

自然吸気を機械式吸気に、100mm排気換気扇を150mm排気換気扇にパワーアップしています。

施工箇所はA、B、C、3つのスタジオ、客席、エントランス席、ホール上です。

吸気換気扇 8台、 廃棄換気扇 9台と、全部で17台増設しました。

換気増強 工事後の換気能力をスペックでいうと

吸気換気扇8台、排気換気扇9台を追加、全17台を設置しました。

吸気量 4200㎥で140名相当、 排気量 4800㎥で160名相当になります。

収容人数の最大100名で使った場合でも厚生労働省で推奨している基準値の1.6倍の換気量にあたります。

注目すべきは、強制吸気換気扇、強制排気換気扇は、各スタジオ、ホールとも、

独立させて外部に出されているので各々は繋がっていません。

安全な空調設計にしてあります。

換気

天井に 換気扇 が増設し、 扇風機 も取り付けました。

風通し良くなり、地下とは思えないほど 換気抜群!!

 

同じ床でも以前と違う 水で腐らない防音床を作る

床下に簡単に排水できるように空間を作っています。

腐らないようプラスチック製やゴム製の材料を使って床作りをしています。

床、壁、天井と振動対策、遮音対策、吸音対策が乾式の防音工法で施されています。

設計施工は株式会社インフォレントです。

こちらはBスタ階段部分。

階段も年季が入っていたので 綺麗 に作り直し。

そして床も 綺麗 に張り直して頂きました。

大工さんありがとうございます。

期待しちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装で仕上げする

全体的に黒く塗りなおし、

ミキサー など置けるスペース部分も作り直して

全体的にシックな感じに。

写真はAスタの ピアノ を置く壁。

どんどん 綺麗 に作り上げていきます。

 

そして完成!!

休憩時間の空気入れ替えを短い時間で急速に入れ替えるために工業扇を取り付けました。

換気換気

 

万が一、水が溜まっても排水できる排水口

壁や床が リニューアル し、各スタジオの床には覗き窓が出来ました。

壁が黒いことで床のピカピカさが際立ちますね!!

換気換気

換気換気

コロナ対策 の 換気 もバッチリ!ピカピカな ロサンゼルスクラブ へ

リニューアルしたスタジオと 換気力 抜群な店内に。

全体の雰囲気や作りは変えず、以前の良さを残しつつ

過ごしやすくなっております。

是非お越しくださいませ。

スタジオ料金はこちら!

ホール料金はこちら!

 

    お問い合わせフォーム

    TELでのお問合せ先

    *注・ライブ中は電話が繋がりにくく成りますのでご了承下さい。
    TEL 03-3314-8887 FAX 03-3314-8887

    メールでのお問合せ先

    メール staff★losangelesclub.jp ★を@に代えてご利用下さい。

    フォームメール

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名
    ライブ開催についてライブ内容についてライブホール予約イベント企画持ち込みブッキングライブ問い合わせチケット予約イベントについてブッキングについてホールレンタル(貸切)についてリハーサルスタジオについてリハーサルスタジオ予約その他質問や相談

    メッセージ本文